ホンテンの言いたいこと

ロードバイク・カメラ ・ 子育て・日々の雑感を書きますよ。

バッテリーがキターー!! そしてシンクロシフトを試す。

昨日の記事で書いたシンクロシフトを試すべく、内装バッテリーを健康診断の帰りに購入してきた。 f:id:honten695:20170313221429j:image

 

 シンクロシフトとは、要するにギアレシオによるパワーの伝達効率を最適化する機能だ。

 
実際の動きは ”リアのギアをシフトアップまたはシフトダウン”  した時に ”フロントギアをアウターもしくはインナーに入れ” 伝達効率が良いギアレシオに勝手にシフトしてくれる。
 
セミシンクロシフトと言うモードもあり、こちらも考え方に変わりはないが、こちらはフロントを変速したときリアを変速してくれるモードだ。しかし、これはあまり考えずに手動でもしていることなので恩恵はないのかもそれないが…
 
バッテリーをフレームにインストール 

会社に帰ってきたら速攻で作業に取りかかるつもりでいたのだが、バッチリやることが山積みになっていたので、それは放っといて 休憩時間にササッとシートポストを外して付け替え作業を行う。

 

LOOK695ZR のシートポストには内装バッテリーを引っかける金具が付いているが、外れないようにビニールテープで固定する。(以前はそのまま引っかけていたが、室井輪業さんに修理に出したときに外れていたようで、こうすればいいよと指摘された。簡単なことだけど、さすがプロ。)

f:id:honten695:20170313221410j:image

f:id:honten695:20170313221446j:image

 
これをシートチューブにイン! して充電開始。

f:id:honten695:20170313221351j:image

 
E-TUBE PROJECT でファームアップ
充電完了後、パソコンに繋いで早速ファームアップを行う。
リアとフロントディレイラーだけではなく、ジャンクションとバッテリーもファームアップしていた。

f:id:honten695:20170313221501j:image

 
ここからはお待ちかね”シンクロナイズドシフト”の設定へ。(仕事しながらだったのでバタバタしててスクリーンショットを取り忘れました。画像はE-TUBE PROJECTのHPからお借りしました。)
 
シフトモード設定画面で使う歯数を選択して、シフトモード選択でモード1とモード2をそれぞれ選択する。
シフトモードに関しては、とりあえず自分は何もさわらずにデフォルトで試してみることにした。↓
f:id:honten695:20170313221503j:image
 
細かく設定したい場合はシフトアップ、シフトダウンのギア比を設定も出来る。その辺りは使ってみて自分が使いやすいようにカスタマイズするしかない。↓ 

f:id:honten695:20170313221505p:image

 
一通り設定した後、作業終了のボタンを押してパソコンからの接続を解除する。
 
ローラーで試す
今日は完全休養日にする予定だったのだが、回復走という口実で夕食後に少しローラーで試してみることに。
 
まずは、シンクロナイズドモードから。インナーローからリアを一枚ずつトップに向かってギアチェンジすると”ウィ〜ン”と勝手にアウターに! 
 
おおっ、なんかスムーズ!
 
今度はアウタートップから一枚ずつギアチェンジすると”ウィ〜ン”と勝手にインナーに!
 
おおっ、なんかスムーズ!! 
 
ひとしきり遊んでから、今度はセミシンクロナイズドモードに。こちらは、リアではなくフロントをアウターからインナーに落としたときには勝手にリアが2枚(設定による)重くなり、インナーからアウターに入れたときにはリアが2枚(設定による)軽くなると言う、まぁ、今まで手動で行っていたことをDi2が勝手にやってくれるモード。
 
ちょっと使った感じでは、自分の用途ではセミシンクロはあまり使わないかもしれない。坂が苦手な自分には、シンクロナイズドモードの方が使えるような気がする。
 
脚がイッパイで登っているときに不意に勾配が緩くなったときなど、リアの変速だけでフロントが勝手に動いてくれるのはありがたい。
 
モードの変更はワイヤレスユニットを使ってスマホなどでするものと思っていたが、ジャンクション下のスイッチを二度押しすればその度に緑と赤のLEDが同時に点滅し、「通常モード→シフトモード1→シフトモード2→通常モード」とモードを変更することが出来るのでこの機能もありがたい。

f:id:honten695:20170313221507j:image

 
明朝は路面が濡れてそうなだが、雨が降っていなかったら出撃しようかな。

キター!! 「6870系Di2もシンクロシフトに対応可能に」だってよー

サイクルスポーツのHPを見てビックリ。(゜Д゜)
 
 パイオニアと違い、既存のユーザーには厳しいと思われていた世界のシマノにしてはスバラシイ対応。
新型デュラで唯一関心があったのがシンクロシフトだけに、シマノが好きになりそう。ってか、コンポは基本シマノしか使ってないんですけどね。
 
記事によれば内装バッテリーを最新モデルのBT-DN110にしてEチューブプロジェクトでファームアップすれば、シンクロシフトを設定できるようになるみたい。 

 

 これは試してみるしかないと言うことで、とりあえずシマノ「Eチューブプロジェクト」のサイトでファームウェアの更新情報を確認すると、FD-6870・RD-6870ともバージョンが3.0.0に更新されている。
 
もうこれはチームの仲間の人柱になるべく、行きつけの自転車屋さんに電話をしてすぐに注文しましたよ。
到着が楽しみだーと思いきや、何と店頭在庫があるとの連絡が!
明日健康診断終わりで早速買ってきて、いろいろ試してみますかね。
インプレは後日と言うことで。
 
 
話は変わって、本日はチーム練習に参加してきた。自分以外は皆菰野ヒルクライムチャレンジを控えているので、登りの練習と言うことで一年ぶりに”距離5.6km 平均勾配7%“の俗称:愛賀郷へ。
 
ここは近くに体験も出来る陶芸窯があり、体感的には平均勾配7%以上ある感じでとにかく休む場所がない。ずーーーーと登りっぱなし。登りが苦手な自分には拷問のような坂だ(´д`)
 
結果は6人中4着だが、昨年より4秒更新してた(笑
その後、下っての富里で休憩し、皆でゆっくり登り下りサイクリングをして、最後はスプリントで出し切って終わり。

f:id:honten695:20170312173459j:plain

 ↑ 休憩場所。至ってのどか(笑
和歌山県は海か山しかないので、登り好きにはタマラナイ環境ですよ。登り好きにはね...
 
さぁ、明日は1年半ぶりの健康診断だ。ちょっと不安…
 

「イナーメ リカバリーツール」は一度使うと手放せないよ

昨夕も時間がなかったので、SST@20minを1本がんばることにする。

 

  • Pioneer「CLX3.0 3本ローラー負荷L : 0:31:25 , NP222.8W , 400.1kj , TSS45.1」

 

しんどさに変わりはないが、高強度も続けると身体が慣れて初期ほどの追い込んだ感覚はなくなる。
しかし若くない身体は正直なもので、大腿四頭筋やハムストリング、広背筋が張ってきている。
そして悲しいかな一晩寝たくらいでは筋肉の張りは元には戻らない。(;_;)
 
マッサージなどに行ってほぐして貰うといいんでしょうが、時間も金もない身としてはなかなか難しい。
そこで出番になるのが、セルフマッサージグッズだ。
 

f:id:honten695:20170311200720j:image

 
今使っているのがイナーメ・スポーツアロマのリカバリーツール。
以前はアマゾンで購入した安いフォームローラーを使っていたのだが、自分がローラーの上に乗って結構大きめに移動したりしないといけないし、ピンポイントでマッサージするのが難しく使い勝手が良くなかった
 
その点“マッサージスティック”と”ポイントマッサージボール”はなかなか良く出来ている。マッサージステックは自分が動くのではないし、ボールの方はピンポイントでこっているところを狙えて動きが少なくて済む。
どちらも見た目の感じよりも重量と堅さがあって、それがよい。
 
両方とも使い方は簡単で、マッサージスティックの方は風呂上がりにリカバリーオイルを薄く塗って、股関節から大腿四頭筋→内転筋→スネの順に少し痛みを感じるくらいに下に向けて力を入れるように転がす。
次に、ふくらはぎ→ハムストリング(もも裏)の順に上に向かって力を入れながら転がす。
 
これを時間があれば30分ほど掛けて行えば次の日の脚がスッキリする。10分でもするのとしないのでは違うので、時間がとれないときでもなるべくするようにはしている。
 
ポイントマッサージボールの方は、椅子に座った状態で仕事中やブログを書きながらハムストリングやお尻の張っていると思うところをピンポイントで痛いと思うくらいグリグリとマッサージする。
背中が張っているときは、ボールを床に置いてその上に乗ってグリグリする。
痛いと思う位するのがポイントで、終わるとスッキリした感じで気持ちよい。
 
イナーメ・スポーツアロマのHPにも写真入りで使い方が掲載されているので、そちらも参考にして頂ければと思う。大きさといい堅さといい絶妙で手放せない感じになると思う。
 
実際はテニスボールやゴルフボールでも出来なくもないし、どうも見た目は似てるがパチモンらしきものでも使えなくはない。
 
しかし経験上、本家がぼっていると思われるモノを除いては”価格ナリ”であると思うので、この使い心地と効果で正規品が¥2800-で購入できれば安いと言えるのではなかろうか。
 
ということで、かなりオススメです。

ダイエットローラー練 と Rapha 「Brevet Jersey」

昨日はダイエット宣言をしたところで、トレーニングなしも何だなと思ってとりあえずローラーを。息子が塾に行っている間に3本ローラーで最近してなかったSST@20分を1本勝負で頑張ることにする。
 
  • Pioneer「CLX3.0 3本ローラー負荷L : 0:40:04 , NP209.7W , 467.3kj , TSS54.0」
 
入りから4〜5分辺りが地味に辛い。辛いがそれが効くのだと信じて辛抱する。
ラスト5分を切れば後はカウントダウンなので、意識を筋肉の痛みに集中してやり過ごせば、前にも書いたがそうすれば早く終わる気がするようになった。
夕飯は米は食べずにノンアルコールビールでアジの干物と野菜の煮物をゆっくりと食べる。その後ブログを上げてから早く寝るつもりが色々とやることが出来てしまい、結局息子を寝かしつけてから仕事の残務処理をこなす。
 
案の定11時過ぎに腹が減ったのでリンゴを食べてしまった…が、このくらい緩い方がいいと思うことにする。(笑
あれ? 今思い出したが、体重計るの忘れたな…
 
 
さて、本題のいよいよ残すところも少なくなってきたラファ紹介シリーズ。

f:id:honten695:20170310170958j:image

Brevet Jersey (ブルベジャージ)  , small , ネイビー/ハイビズピンク 2016/10/28購入
 
購入履歴を見ると15%引きで買ったのはわかるのだが、それがセールなのかクーポンなのか全く覚えがない。
なんなら購入動機に全くと言ってよいほど覚えがない。
が、ハンガーラックにはきちんと掛かっている。ブルベを走る予定もないのにね。(笑
 
どうも着て走った形跡はあるのだが、記憶が全くない。
なのでインプレッションにはならないのだが、先日の Canon EOS M6 を厚紙で作った際に着てみた感じでは、ポリエステル61%・メリノウール39% Long Sleeve Brevet Jersey(ロングスリーブブルベジャージ)と全く同じ素材で着心地は申し分ない。
 
サイズ感も170cm 62kg でSサイズが丁度良い。Pro Teamラインならタイトフィットが良いが、このジャージは少しゆっくり目が良いような気がする。
生地の厚さから真夏の使用は難しそうだが、春・秋シーズンは相当出番が多いと思われる。
 

f:id:honten695:20170310171014j:image

ブルベ用とあってポケットも深めで、ロングにおいては腰のジップ式バラストポケットがかなり使える存在であることに間違いはなさそうだ。
 
この手のジャージはトレーニングでバリバリ使うよりも、友人とゆっくりロングでも行く時に着たいジャージだ。購入動機に全く覚えがないが、せっかくだから長く使おう。(笑

ダイエットすることにした と その方法

昨日は余りにもふがいない朝練の結果、原因と対策をいろいろと考えましたところ、風呂上がりに体重計に乗った時に気付きました。
 
”身体が絞れていない”と言うことが。
 
いや、ウソです。気付いてました(笑
だって、昨年のベストと思われる体重よりも3kg以上重いんですもん。元々の能力も大いにあるのは重々承知していますが、それにしても原因の3割はこの体重増が占めている気がしてきました。
ということで、少しばかりダイエットモードに入ることにしようかと。
 

f:id:honten695:20170309195837j:image

 
もともと自転車を始めたのはダイエット目的でしたので、1年で15kg位、2年でMAXから25kg程痩せました。
ご近所さんからは病気か何かと思われたらしく、近所のおばちゃんが代表で偵察に来るくらいの勢いで痩せたので(笑
 
そんな事もあって、周りからは”辛いダイエットを経て痩せたストイックな人”と見なされることが多いのですが、全くそんな事はありません。そんな強靱な意志の持ち主なら、元々太らんし。
 
そりゃ、太っている時と同じ食生活や運動習慣では痩せるはずがないので、
 
  • ドカ食いをしない
  • 食事はゆっくり食べるように努める
  • おやつを低カロリーなものにする(止めてはいないw)
くらいの気は遣いましたが、結果的に自転車が好きになったので消費カロリーがそれまでより劇的に増えた感じです。自転車を始めたばかりの頃は、面白いように痩せましたから。
 
それに今は運動時にサイクルコンピューターやスマホ、またはポラールなどの活動量計を使えば、消費カロリーを表示してくれますので、基礎代謝と合わせてその消費カロリーを上回らないように食生活をコントロールするか、カロリーを多く摂取してしまったら、その分を消費するようにするかです。
 
 
要するに、摂取カロリーよりも消費カロリーが多ければ必ず痩せますから。
 
それだけです。テレビや雑誌がなんと言おうとも、痩せるという目的を達成する為の方法を究極的に言えば、「食うな、動け」です。
とは言っても、多分簡単ではないです。簡単に痩せますとかは、ウソです。
しかしそれが真理なので仕方がないです。
 
一時期流行ったレコーディングダイエットなんか、それを実践するための道具ですし、今流行のライザップだってやっていることは同じです。(トレーニングで筋肉を付けて消費カロリーを増やすので効果が高いのかな?)
 
すぐに痩せようとは思わずに1〜2年スパンで痩せることを考えれば良いと思います。そうすれば、多少摂取カロリー過多な日があったとしても問題はないからです。
とにかく 摂取カロリー<消費カロリー を意識し続けること。継続は力なりです。
 
 
自分の話は戻りますが、自分の様にある程度日常的にトレーニングしている人は、摂取カロリーをコントロールするしかないので、その辺の問題点をあぶり出して改善するしかないです。
 
差し当たって、
 
  • ビールを控える(特に寝る前に飲まない)
  • 甘いものを控える(甘いもの好き(´д`))
  • 夕飯に炭水化物は控える
  • 早く寝る 
こんな所ですか。
早く寝るに関しては、夜更かしすると腹が減るのでついつい何か食べてしまう事が多くて、それを回避するためです。早く寝ると早く起きることが出来るので、早朝練習も出来ると。まぁ、一石二鳥でもあります。
結果はまた報告すると言うことで、今日から頑張ります。 

悲しすぎる早朝練の巻

T氏(登り鬼)、Hisa君(体力鬼)が相手とはいえ、あまりに悲しい千切れ方をしてしまった早朝練。
桃の木からの登りで、アドベンに向かう丁字路を目前に力尽きてしまった。ていうか、自分の出力的には悪くないぞ、速過ぎんねん、2人とも(´д`)
 

f:id:honten695:20170308193141j:image

 
昨夜は早朝連に備えて、ボトルに水とBCAAを入れ、ウエア類を用意し、サイコン、ライトの電池残量を確認し、タイヤに空気も入れ、準備万端で娘の下がらない微熱におびえながらam5:00にスマホの目覚ましを設定して、早朝練行く気満々でpm11:30に就寝。
 
am5:00にバイブレーターで目を覚まし、行く気満々で寝たにもかかわらず布団の中で5分ほど葛藤。
5.5時間睡眠ではさすがにロングスリーパーにはスッキリ起床とはいかないが、息子を起こさないようになんとかキッチンに辿りつき、用意していたウェア類を淡々と着る。そこからボーッとしたまま自転車の所に行き、ヘルメットをかぶり、アイウェアを付け、シューズを履き、なんとか出撃。ここまで、約20分。
 
外は寒く3℃ほど。一気に目が覚めるが、上半身はクラフトのインナー + Pro Team Softoshell Jacket + Classic Wind  Jacket + Winter Collar で、下半身は後日紹介する Classic Winter Tights でライド中は寒さ知らず。クルクル回しながら20分ほどで順調に到着。

 

 


www.honten3.com

 

T氏とHisa君は既に到着済みで、コースは、T氏が菰野ヒルクライムと伊吹山ドライブウェイヒルクライムを控えているので少しでも登りをということで、桃の木からアドベン、一旦下って平草原、そして南有料をローテ練。
 
結果は先に書いた通りだが、結局、途中で待って貰っていたにもかかわらず、平草原のゴールまでにまた千切れ、下ってからの高速ローテでまたまた千切れるという散々な…泣けるわ。
 
月曜、火曜と家族の体調もあって実走どころかローラーも出来なかったのと、本日の出張準備で昨日は仕事終わりが遅かったというのはあるが、体力面では回復しているはず。
 
なのに全く歯が立たないのは、能力、基礎体力、練習量、全部足りないんだろうなぁ〜…また泣けてきたわ。
泣く前にビールの量を減らす必要はあるが(笑
 
まぁ、こんなんで相手してくれているT氏とHisa君には感謝しかないが、2人の練習の邪魔してるんじゃないかと思ったりもするが、向こうが嫌になるまでダメながらも頑張るしかない。

Rapha 「Musette」

Musette(ミュゼット) , one size , ブラック/ブラック 2016/08/27購入。

いわゆるサコッシュだが、おフランスではヨーロッパではミュゼットと言うらしい。シャラクセェー(笑

前回紹介した「Pro TeamSoftshell Jacket (プロチームソフトシェルジャケット)」と同時に勢いでセールで購入。
特に買うつもりはなかったのだが、散歩に持っていくのに良さそうと思い、本当に衝動買い。そんな事もあるよねー(笑
せっかく買ったのだからと、息子と公園や散歩に行くときには積極的に使ってます。
 
気に入ったところ
  • カッコイイ
  • 軽いので気軽に持ち出せる
  • ペラペラではなく以外にしっかりしている
  • 中にあるジップ付きポケットが便利
 
イマイチなところ
  • マチがほとんどないので、荷物があまり入らない
  • 「15インチ MacBook Pro」が入らない
  • 肩紐が細くて薄い
 
 

f:id:honten695:20170307202711j:image

中にあるジップ付きのポケットは鍵や財布を入れておくのに重宝する。普段はとりあえずエコバッグとテッシュを常備しておけば、散歩中に妻に買い物を頼まれても楽勝だ。
生地もクッションと言うほどでもないが意外と厚みがあり、しっかりしているので、長く使えそうだ。
 
ただし、マチがほとんどないのでかさばるものは入らないし、自分的には15インチMacBook Pro が入らないのがイタい。入るサイズはA4までだ。分かっていたけど(笑
それに、肩紐も薄くて幅が狭いので、重量物を入れると長時間はシンドイかもしれない。
 
まぁ、とにかくカッコイイと思って買ったのでしかたがないが、用途を考えて使えば大体のことは問題ないと思うようにしよう(笑