読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンテンの言いたいこと

ロードバイク・カメラ ・ 子育て・日々の雑感を書きますよ。

洗車のはなし

昨日の洗車の話。
日曜日のチーム練で凍結道路を走ったので自転車がドロドロ。
本当はすぐに洗ってしまいたいところだが、息子と公園練があったのでそうもいかず 仕事をサボって 仕事の合間を縫って洗車した。
ここまで汚れてしまうと通常の拭き掃除より水を使った方が簡単に綺麗になるので、我流だが洗車方法をご紹介。(写真多めです。)
 
まず洗車に当たっては、ワークスタンドなんかあればとっても洗車しやすい。
自分が使っているのはミノウラのRS-1600だが現在は廃盤。
後継はRS-1700でスマートになっている。
なんか腹立つ(笑
 
今回の洗車手順
  1. 洗車道具を用意して、自転車から前後ホイールを外しスタンドに乗せる
  2. チェーンを洗う
  3. 自転車を洗う
  4. 自転車をから拭き
  5. チェーン、パーツに注油(今回はチェーンには仮注油)
  6. ホイールを洗う
  7. 自転車にワックスがけ
  8. スプロケを掃除
  9. チェーンに注油(通常はココは5番で終了しているのでナシ)
  10. 終了。部屋に除湿器を掛けて保管。 
と、洗車する度に多少順番が前後することはあるが、概ねこんな感じ。
洗車時間は30分〜40分くらいかな。
 
1.凍結路を走るとこんな感じ。シクロクロッサーにとっては埃みたいなもんでしょうけど(笑

f:id:honten695:20170130225907j:plain

 
↓リアにはチェーン固定用のツールが必須。

PWT チェーンキーパーツール (130mm/135mm) CKT22

f:id:honten695:20170130232801j:image

 
2.パークツールのチェーンクリーナーにワコーズのフィルタークリーナーを入れて徹底洗浄。
ちなみに、普段はワコーズのチェーンクリーナーで汚れを落とし、ブラシで汚れを掻き出した後、使わなくなったボトルにいれた水道水で汚れを洗い流している。

f:id:honten695:20170130232627j:image

 
↓ おえーーー。こんなに汚れてます...

f:id:honten695:20170130232703j:image

その後、チェーンを軽く拭いてしばらく放置。
 
3.次にバケツに洗剤(自分は業務用の中性洗剤を使う。台所用でもOKだと思う)を入れて、水を入れながら泡立てておき、自転車に水を掛ける。
この時はシャワーを使い、粗い汚れを洗い流す為にかなり水圧を低くして水を掛ける。
 
自転車に掛けた水が乾かないうちに間髪入れず、スポンジに泡立てた洗剤をたっぷり含ませて、ソロソロと撫でるように洗う。(傷がつく恐れがあるのでゴシゴシはしない)

f:id:honten695:20170130232546j:image

 
↓スポンジが入らない細かいところは、ブラシを使う。

f:id:honten695:20170130233558j:plain

 
4. 一通り洗ったところで、カラ拭き。気が向いたらパーツの細かいところに残っている水を、コンプレーサーで吹き飛ばしたりするのだが、今回は時間が無いのでカラ拭きのみ。
↓はい、こんなに綺麗になりました。

f:id:honten695:20170130232934j:image

 
5.「ワコーズ ラスペネ」登場!
この潤滑剤は水置換性なので、これでチェーンに残る水分を除去。
普段は水置換性を持つ「ワコーズ チェーンルブ」を使ってるのでチェーンルブを注油しておしまいだが、今回はちょっと実験的にラスペネを。

f:id:honten695:20170130232720j:image

 
↓ 各パーツの可動部にはラスペネよりも持ちの良いチェーンルブを注油。

f:id:honten695:20170130232914j:image

 
6.オイルを馴染ませている間にホイールを洗う。リム、スポークは豪快にゴシゴシ。

f:id:honten695:20170130232839j:image

 
↓ ハブはソロソロと。

f:id:honten695:20170130234019j:plain

 
7.ホイールを乾かしている間に自転車にワックスがけ。自分はフィニッシュラインのショールームを使っている。泡をウエスに掛けてから、全体にのばすように塗りつける。
洗剤で落ちなかった油汚れなんかも、これで簡単に綺麗になる。
 
まぁ、昨年レースでLOOKが大けがした時に大変お世話になった室井輪業さんで「ワコーズ バリアスコート」をして頂いているので、ここまで必要ないかもしれないけど。

blogs.yahoo.co.jp

(ところで室井さん、室井さんところでやってること、おもろすぎるので更新お願いしますよw)

f:id:honten695:20170130232857j:image

8.ホイールが乾いたところで、スプロケを綺麗にする。
ワコーズのフォーミングマルチクリーナーをスプロケに掛けて30秒ほど待つと汚れが浮き出てくるので、ウエスで拭き取るとメチャクチャ綺麗になる。
自分は 20cm×5cm位に細長く切ったウエスを使う。暇なときに作っておくとスプロケの掃除に便利。

f:id:honten695:20170130233009j:plain

9.先ほどラスペネを注油したチェーンをウエスで拭く。出来るだけ油分も拭きたいので強めにゴシゴシ。
手で触っても油分もあまり感じず、全く汚れがつかない。イイ感じ。

f:id:honten695:20170130232740j:image

 
↓ 今回は、このホルメン ルーベエクストリーム を使ってみたかったので、ラスペネで水を追い出し、その後にルーベエクストリームという手順を踏んでみた。
ルーベエクストリームは金属にナノコーティングを施すと言うことなので、ラスペネが幾分か残っていると思われる状態でどのような感じになるのかちょっと実験。

f:id:honten695:20170130232952j:image

↓ 容器を振りまくり中身を撹拌してから、ドロッとした液体を一コマ一コマ丁寧に乗せる感じで塗布する。前コマに塗布したら、少しおいてからクランクを回して、フロント・リアとも変速しながらオイルを馴染ませる。

f:id:honten695:20170130232645j:image

 
10.この状態で、除湿器を軽くかけたまま一晩寝かせる。

f:id:honten695:20170130232821j:image

 
ザッとこんな感じ。
雑誌・ネットで見たり、人に聞いたりして行き着いたのがこの方法なので間違いが入っているかもしれないけど、最終的にどうしようもない時は室井さんに 丸投げすれば お世話になれば良いのだ(笑