読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンテンの言いたいこと

ロードバイク・カメラ ・ 子育て・日々の雑感を書きますよ。

情報について思うこと

突然ですけど、青のり と あおさ の違いってみなさん知ってます?
昨夜娘に突然質問されて、答えられなかったのですよ。
「呼称の違いで、中身は同じじゃないの」って思ってたけれど実は違うみたい。
 

f:id:honten695:20170207221931j:image

 
そこでスマホの登場。
Siriさんに「あおさと青のりのちがいは?」って聞けば解決。
 
詳しくは  ↓こちらのブログが感動的に分かりやすい。

daily-info.xyz

 
このようにチョイチョイとスマホで検索すれば答えが出てくるんで、"ありがたいねー"と思う反面、恐ろしくもある。
僕が小学生の時には当然ネットなんかなくて、「調べもの」というと図書館。
面倒な事ではあったけど、まぁ、みんなそうだったからね。
特に不便を感じる訳でもなかった。
 
で、もうかなりの昔話なのでうろ覚えだが、中学生の時に親父が地元の書店で、定価10万円だか15万円とかいう厚さ20cmはあろうかという百科事典を買ってきたことがあった。
(定価の幅がかなりあるのは、昔の記憶なのですみません(笑 名前も失念。)
 
当時、そんばバカ高い辞典を買う親父の脳内を疑ったこともあるが、その百科事典を手に取るのは楽しかった。
フルカラーで、本当に何でも載っているので、読み始めると面白くてよく読んでたなぁ。
勉強は嫌いだったが、どうでもよいことへの探究心を満たすのには十分だった(笑
 
自分にはもともと調べ癖のようなものがあったので、親父は分かってて買ったのかもしれない。
今度聞いてみよう。
 
まぁ、そうやって親父の世代からすれば、情報へのアクセスという点では、自分たちは恵まれていたのかもしれないし、娘の世代も自分たちから見ればそうだ。
 
そういえば、どこかの若い社長さんが、"知識は外に置いておけばよくて、脳は情報を処理することだけに使えば良い”と言ってたのを聞いたことがあるけれど、それなんかまさに、簡単に情報にアクセスできる環境が当たり前になったし、それを意識することもなくなったって事なんでしょうなぁ。
 
しかし、問題はその情報を処理する方。
どの時代・世代でも情報リテラシーってのはやっぱり変わらず大切で、娘には常々、
 
「メディア(ネットも含む)からの情報は鵜呑みにしてはいけない。確からしいことはある程度信じても、良くわからない情報は本当かどうか疑うことが大事。」
だと言うことにしている。
その上で、その情報について他に2つ3つ当たることで、確からしさの度合いが分かってくると思う。
 
あまりに疑り深いのも問題だが、モノの見方は見る角度で全く違ったりするので、いろんな角度から見た上で、バランスの取れたモノの見方・考え方をしなさいよってことです。
 
そう、結局バランスが大事と言うこと。
 
まぁ、こんな記事をかいている自分はというと、自転車についての怪しい情報には盲目的に飛びついてしまうのだが(笑
あぁ、明日は早朝連だ。早く寝よ。