読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンテンの言いたいこと

ロードバイク・カメラ ・ 子育て・日々の雑感を書きますよ。

バッテリーがキターー!! そしてシンクロシフトを試す。

ロードバイク 機材・ガジェット

昨日の記事で書いたシンクロシフトを試すべく、内装バッテリーを健康診断の帰りに購入してきた。 f:id:honten695:20170313221429j:image

 

 シンクロシフトとは、要するにギアレシオによるパワーの伝達効率を最適化する機能だ。

 
実際の動きは ”リアのギアをシフトアップまたはシフトダウン”  した時に ”フロントギアをアウターもしくはインナーに入れ” 伝達効率が良いギアレシオに勝手にシフトしてくれる。
 
セミシンクロシフトと言うモードもあり、こちらも考え方に変わりはないが、こちらはフロントを変速したときリアを変速してくれるモードだ。しかし、これはあまり考えずに手動でもしていることなので恩恵はないのかもそれないが…
 
バッテリーをフレームにインストール 

会社に帰ってきたら速攻で作業に取りかかるつもりでいたのだが、バッチリやることが山積みになっていたので、それは放っといて 休憩時間にササッとシートポストを外して付け替え作業を行う。

 

LOOK695ZR のシートポストには内装バッテリーを引っかける金具が付いているが、外れないようにビニールテープで固定する。(以前はそのまま引っかけていたが、室井輪業さんに修理に出したときに外れていたようで、こうすればいいよと指摘された。簡単なことだけど、さすがプロ。)

f:id:honten695:20170313221410j:image

f:id:honten695:20170313221446j:image

 
これをシートチューブにイン! して充電開始。

f:id:honten695:20170313221351j:image

 
E-TUBE PROJECT でファームアップ
充電完了後、パソコンに繋いで早速ファームアップを行う。
リアとフロントディレイラーだけではなく、ジャンクションとバッテリーもファームアップしていた。

f:id:honten695:20170313221501j:image

 
ここからはお待ちかね”シンクロナイズドシフト”の設定へ。(仕事しながらだったのでバタバタしててスクリーンショットを取り忘れました。画像はE-TUBE PROJECTのHPからお借りしました。)
 
シフトモード設定画面で使う歯数を選択して、シフトモード選択でモード1とモード2をそれぞれ選択する。
シフトモードに関しては、とりあえず自分は何もさわらずにデフォルトで試してみることにした。↓
f:id:honten695:20170313221503j:image
 
細かく設定したい場合はシフトアップ、シフトダウンのギア比を設定も出来る。その辺りは使ってみて自分が使いやすいようにカスタマイズするしかない。↓ 

f:id:honten695:20170313221505p:image

 
一通り設定した後、作業終了のボタンを押してパソコンからの接続を解除する。
 
ローラーで試す
今日は完全休養日にする予定だったのだが、回復走という口実で夕食後に少しローラーで試してみることに。
 
まずは、シンクロナイズドモードから。インナーローからリアを一枚ずつトップに向かってギアチェンジすると”ウィ〜ン”と勝手にアウターに! 
 
おおっ、なんかスムーズ!
 
今度はアウタートップから一枚ずつギアチェンジすると”ウィ〜ン”と勝手にインナーに!
 
おおっ、なんかスムーズ!! 
 
ひとしきり遊んでから、今度はセミシンクロナイズドモードに。こちらは、リアではなくフロントをアウターからインナーに落としたときには勝手にリアが2枚(設定による)重くなり、インナーからアウターに入れたときにはリアが2枚(設定による)軽くなると言う、まぁ、今まで手動で行っていたことをDi2が勝手にやってくれるモード。
 
ちょっと使った感じでは、自分の用途ではセミシンクロはあまり使わないかもしれない。坂が苦手な自分には、シンクロナイズドモードの方が使えるような気がする。
 
脚がイッパイで登っているときに不意に勾配が緩くなったときなど、リアの変速だけでフロントが勝手に動いてくれるのはありがたい。
 
モードの変更はワイヤレスユニットを使ってスマホなどでするものと思っていたが、ジャンクション下のスイッチを二度押しすればその度に緑と赤のLEDが同時に点滅し、「通常モード→シフトモード1→シフトモード2→通常モード」とモードを変更することが出来るのでこの機能もありがたい。

f:id:honten695:20170313221507j:image

 
明朝は路面が濡れてそうなだが、雨が降っていなかったら出撃しようかな。