読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンテンの言いたいこと

ロードバイク・カメラ ・ 子育て・日々の雑感を書きますよ。

シンクロシフトの感想、そして「エルゴンTP1」を使いクリート位置を弄る

昨日の朝練は雨で中止だったので、今日はHISA君のお誘いで早朝練に参加してきた。シンクロシフトを実走で試してみたかったのもあるしね。
 

f:id:honten695:20170316173500j:image

 
集合場所に行くと久しぶりにO君が登場する。本当に偶然だったらしく、残念ながら朝練に強制参加(笑
 
コースはいつもの白浜左回りコースで出発。
集合場所までは調子よく行けたのだが、最初のチョイ坂でかなりシンドイ。しかも何か違和感が…
 
 一昨日バッテリーを交換したときに、ついでにサドル高も7ミリほど上げたのでそのせいか脛の筋肉が痛い。
それともHISA君に触発されてケイデンスを上げて走ったのが原因か?
 
とにかくしんどくて、いつもはシーモア坂までは何とか頑張れるのだが臨海で余りのしんどさに心が折れてしまい千切れてしまった。
 
シーモア坂も全く力が入らずダメで、南有料も付いていくのが何とかな感じ。42号線に入っても調子は戻らず、最後のモガキもヘロヘロ…全く良いところなしで終わってしまった。
 
  • Pioneer「695ZR 実走: 1:30:05 , 41.64km , NP218.8W , 951.8kj , TSS:124.8 , 197.8m-up」
 
しかしサドルを下げて後ろに引いていたので、ケイデンスを上げにくかったもの事実。HISA君のアドバイスでクリートの位置を少し前にしてみた。
とりあえず慣れるまでこのポジションで試してみよう。
 
あと、シンクロシフトはアップダウンを走るときは全く必要ない気がする。アウターでイケるチョイ坂でインナーに落ちたときの違和感は半端なかった(笑
クロウスギアで煮詰めれば使えるだろうけど...
 
多分自分の装備と乗り方だと、フルシンクロは登りオンリーで、普段はセミシンクロを使う事になるだろう。
クリートの位置決めは エルゴン TP1 を使うと便利
f:id:honten695:20170316173445j:image 
 
自分はクリートの位置を変える時、クリートの位置決め超便利ツールの ”エルゴン TP1” を使っている。
シューズにクリートを取り付けて、クリートを穴に入れてからシューズを動かして位置決めしたあと鉛筆などで印を入れておく。
 
このシューズを動かすところがポイントで、少しだけ動かしたいときなど微妙な調整がとても簡単にできる。
 
もちろんシューズを新しく購入したときにも、同じメーカーのシューズではなくても大体の位置を目安がわかるので便利。
 
位置が決まってしまえば頻繁に使う道具ではないけれど、使うときにはよく使う。
あって良かったと思える道具なので、¥3000-近くと少しお高いような気もするが、持っていて損はないと思う。
 
 
 
 
白浜エアポートクリテリウムまで10日ほどなんだけど、こんなんで大丈夫かな(笑