読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンテンの言いたいこと

ロードバイク・カメラ ・ 子育て・日々の雑感を書きますよ。

チーム連後 オーバーシューズを修理する

連休二日目はチーム連に参加。

3人しか集まらずどこへ行くか相談中に、仕事のため見送りに来てくれた3号さんの提案で、激坂”半作領”を裏から登ることに。
 
持てからも登ったこともない坂だが、噂に聞くとおり自転車で登ってはいけない坂(約4km 平均勾配10%)でしたよ。
自転車を降りなかったことを褒めて上げたい(笑
 
 
帰りはいつもの高速ローテーションで”K出君”の引きで切れそうになるが、ROVAL RAPIDE CLX 40に助けられてなんとか付いていく。
 
最後はタンポポストレートでスプリントだが、K出君には届きそうにないのでT氏の発射台になるべく、限界まで引いてフィニッシュ。脚バキバキのお腹いっぱいの練習でした。
 
  • Pioneer「695ZR 実走: 3:35:30 , 85.89km , NP196.0W , 1915.5kj , TSS:237.9 , 1224.1m-up」
 
帰ってきてから片付けをしていると、オーバーシューズに穴を発見(;_;)
位置から考えると先日の落車で出来たモノと思われるが、今まで全く気付かなかった。昨日もしげしげと見たのに…

f:id:honten695:20170320151924j:image

クヨクヨしても仕方ないので、修理することに。
幸運にもスポンジウェダーの修理グッズを持っているのでこれを使うことに。
 
修理手順は
  1. リペアシートを修復部に合わせて大きめにはさみで切る。今回は表、裏に貼るので両方の分を切り取るが、貼ったときに剥がれにくいように隅を丸くしておく。
  2. 修復部と切ったリペアシート両方に専用の接着剤を塗る。リペアシートの方にはまんべんなく塗る。
  3. 接着剤を塗ってもすぐに貼り合わせず、接着剤を触って糸を引く位まで待ってから貼り合わせる。
  4. 貼り合わせた後、10時間ほど放置して完全接着させる。

とこんな感じ。手順は少ないし、意外に簡単。

↓リペアシート

f:id:honten695:20170320151904j:image

 
↓クロロプレンスポンジ用接着剤

f:id:honten695:20170320151825j:image

 

 
まずは修復部分より大きめにリペアシートを切る。その時に接着後剥がれにくいように四隅はかるく丸くしておく。
↓表側

f:id:honten695:20170320151842j:image

 
↓裏側。裏側の方が修復部が小さい。

f:id:honten695:20170320152000j:image

 
↓修復部と切ったリペアシートの両方に接着剤を塗る。

f:id:honten695:20170320151755j:image

 
↓リペアシートにはまんべんなく塗る。

f:id:honten695:20170320151810j:image

 
↓塗り終わったらすぐに接着しないで、触ってみて接着剤が糸を引く程度まで待ってから接着する。
気温にもよるが時間にして5分から10分くらい。

f:id:honten695:20170320151941j:image

 
裏面を付けてから、表面も同じように修復する。
完成はこんな感じ。このまま10時間ほど放置して完全接着を待つ。
目立つがそれがまた味と言うことで(笑
↓表

f:id:honten695:20170320152015j:plain

 
↓裏

f:id:honten695:20170320152036j:image

 
何でもそうだが、道具さえあれば意外と修理は簡単なので、新しいのを買う前にとりあえずチャレンジしてみることをオススメする。これでますます愛着がわきそう(笑