読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンテンの言いたいこと

ロードバイク・カメラ ・ 子育て・日々の雑感を書きますよ。

「パイオニア ペダリングモニター」 の電池交換

昨日のチーム練習で激坂に向かう途中、パイオニアのサイコンから”ピィー”と音が鳴ったので画面で確認すると、左クランクに付いているペダリングモニターセンサーの電池残量が減っいるという警告音。
 
そういえば半年くらい電池交換していない気がするが、練習時間位は持つだろうとそのまま練習は続行したので本日交換した。
 
電池はコンビニでも購入可能なCR-2032。今回はサイコンが電波をちゃんと拾っていたので交換しなかったが、いざと言うことに入手性の高い電池を採用しているのはありがたい。
充電式なら充電し忘れた時点でアウトだから。
 
ライトやセンサー類にこのCR-2032を結構使うので、自分はアマゾンでバルク品を購入して常にストックしているので動きがおかしかったらすぐに交換する。いちいち買いに行くのも面倒だし、安いし(笑
 
交換は簡単で、まずは左クランクのセンサーから。
 
↓センサーに付いているキャップを外すのだが、500円玉がピッタリ溝にはまるのでオススメ。

f:id:honten695:20170321183010j:image

 
時計回りに回すと外れる。

f:id:honten695:20170321182954j:image

 
↓交換時には交換した日を書いておくとどれくらい電池が持ったか分かるので良い。特に意味はないけど(笑
前回は2016/10/25に交換しいた。昨年末はよく走ったので半年持たなかったが、まぁこんなもんでしょう。

f:id:honten695:20170321183030j:image

 
後はキャップに電池をはめて、本体とキャップに付いているマークを合わせて反時計回りに回す。1枚目の写真のようにLEDが緑に光れば通電した印なのでOK。
 
次は右クランクセンサー。
 
↓こちらはカバー(通称おにぎり)を外さなければいけないので、2.5mmアーレンキーでネジを外す。2.5mmのアーレンキーは携帯ツールにない場合が多いので、不安な方はツール缶などに入れておくのが良いかも。

f:id:honten695:20170321183128j:image

 
右は 2016/11/02 に交換している。あれ?右はまだ使えるのか…(笑
まぁ、この際だから交換する。

f:id:honten695:20170321183108j:image

 
↓こちらはパチッとはめるだけ。左クランクと同様、LEDが緑に点灯するのを確認できたらOK。そのままカバーを取り付ける。

f:id:honten695:20170321183049j:image

 
10分で交換完了。
サイコンが警告してくれた時点で交換しておけば間違いないでしょう。