読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンテンの言いたいこと

ロードバイク・カメラ ・ 子育て・日々の雑感を書きますよ。

失敗を失敗としてそのままにしてはいけない

今朝は雨がパラパラと降っていたので、予定していたHisa君との朝練は中止で急遽3本ローラー練。メニューはL4上を10分2セット。
 
結論から言いますと、失敗トレーニングと言うことになりますわな。
時間があったので長めにウォーミングアップをして、1回目のL4@10minは掛からないまでもなんとか。
 
心が折れた
1回目でヤバかったので10分レストして2回目、5分辺りで 昨日からAmazonプライムで見始めた「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」が霞んで見える。
なんとか踏ん張ってはみたが、残り2分で心が折れてしまった。
 

 
折れた瞬間はやっぱりイッパイイッパイだったと思うのだが、シャワーを浴びながらなんであと2分が耐えられなかったのか後悔がにじむ。
 
多分そう思うときは、肉体的には可能だったのだろうと思う。
3本ローラーなので”倒れるわけにいかなかった”という言い訳も出来るが、その言い訳には何の意味もない。
 
レースではその2分、いや10秒で勝負は決まる。そこを耐えられるか、辛抱できるかなんだけどなぁ。
 
 
目的を明確に

f:id:honten695:20170330182323j:image

 
先日のレースでは、アタックにはなんとか対応できたものの、エンデュランス能力が決定的に足りないことが白日の下にさらされたわけで、普段の練習でも最後にスプリントする力が全く残っていない事が多い。
 
そこを強化する目的の練習で、心が折れてどうすんのとも思うが、ストイックになりすぎるのも続かないので、こんな日もあると思うことにする。
 
まぁ、学生時代は体育会系ではあったものの、たいした素質もなくおっさんになって始めた自転車で、なかなか結果が出ない中でのトレーニングに意味を見失いかけていたということもある。
 
だが目標はハッキリしているので、その目標のために「レペテーショントレーニング 」と 「インターバルトレーニング」をコツコツ積み上げていくしかない。
 
ちなみに、「レペテーショントレーニング」とは高負荷を完全回復を待って繰り返すトレーニングで、インターバルトレーニングとは少し性格が異なる。
 
「インターバルトレーニング」とは短い休憩時間を挟んで中負荷を繰り返すトレーニングで、短い時間で回復をしなければいけないので相当キツイ。
 
そのあたりは、こちらのブログが専門なので一読することをお勧めする。理論的でとても勉強になる。
 
短い時間しかとれないがm今行っているトレーニングの意味を明確にすることで、トレーニングの質を高めていきたい。
 
俺、そんなにまじめだったか(笑