ホンテンの言いたいこと

ロードバイク・カメラ ・ 子育て・日々の雑感を書きますよ。

TSS(トレーニング・ストレス・スコア)について

GWとはいえ、カレンダー通りの土曜日は仕事。
GW中なので暇に違いないと高をくくっていたのだが、発注していた商材が到着したので、その加工の仕事が入ってしまい、一日仕事。
 
とにかく昼休み30分を除く7時間、神経を集中させての作業で、その後、梱包・発送作業を終えて運送業者に持って行き終了。さすがに肉体的にも精神的にもグッタリ。
 
それでも、5月に入ってからほとんど乗れていないのでとりあえずローラーに乗る。
 
  • Pioneer「CLX3.0 3本ローラー負荷2 : 0:40:02 , NP193.9W , 443.0kj , TSS43.5」
 
とりあえず脂肪燃焼ライドのつもりで乗り始め、15分あたりから200Wに乗ってきたのでそのまま徐々に上げて、ラスト5分は270W。10分流して終了。
あとはBCAAを飲んで風呂に入り、息子を寝かせて今日のトレーニング全行程終了(笑
 
しかしTSS43.5と全く追い込んでいないのに、身体はTSS100はいってる感覚...
ちなみに、TSSとは「トレーニング・ストレス・スコア」の略で、TSS100とは出し続けることができる限界パワーで1時間のタイム・トライアルをした時の運動強度のこと。
 
追い込んで追い込んでトレーニングすれば、TSS100を早く達成できる。逆を言えば時間を掛けてトレーニングしてもとりあえずTSS100にはいくが、経験的に言うとそれではトレーニング効果はあまりない様な気がする。
やっぱり追い込んでトレーニングした方が、チーム連の時にも効果があるように感じる。
 
そうは言っても、仕事を持つホビーライダーのトレーニングは、数字には表せない仕事のTSSも足さねばならんと思うのですよ。追い込みたくても追い込めない日があったり、ここで頑張ってしまったら次の日の仕事に差し支えるなんて時もあるし。
身体と相談しないと、体調管理が出来まへんのでね。
 
そのあたり慎重に行かないと、昨年の夏、鈴鹿の直後に帯状疱疹になった二の舞になりそうなのでね。
あっ、子守のTSSもあるな(笑