ホンテンの言いたいこと

ロードバイク・カメラ ・ 子育て・日々の雑感を書きますよ。

ロードバイク、実走時の装備について

最近の実走では、ほとんどパンクした記憶も無く重大なトラブルもほぼなかったので、トレーニング時の重量増がイヤで、装備品はパンク対策に極小のサドルバックに予備チューブ2個とタイヤレバーとタイヤをカットしたときのためにタイヤブート、そしてミニ工具を入れてサドル下に装着して、携帯ポンプは自転車に取り付けてました。
 
それが、先日の記事のようなチェーントラブルがあれば自力復帰不能になってしまうわけで、それでは何かと不都合です。
 
というわけで、バイクの重量増もトレーニングの内であるということにして、装備を見直してみました。

f:id:honten695:20170513155627j:image

 
パンク対策として
  • 予備チューブ
  • タイヤレバー
  • タイヤブート
  • チューブ用パッチ
  • 携帯ポンプ
  • CO2ボンベ & インフレーター
 
チェーントラブル対策として
  • チェーンカッター付き工具(PRO製)
  • 予備チェーンリンク
  • クイックリンク(シマノ製)
  • アンプルピン
  • チェーンフック(自作)
 
その他のトラブル対策
  • Di2用プラグ挿抜工具
  • はさみ
  • 電池(CR2032)
  • バルブエクステンダー
  • 米仏 バルブ交換アダプター
  • ケーブルロック
 
と盛りだくさんです(笑
よく考えれば、早朝練などはどんなことがあっても就業時間までには帰ってこないと行けないわけで、自力走行不能な状態に陥ってしまうと大変なことになってしまうわけです。
 
幼稚園児を抱える家庭では奥さんにピックアップを依頼することも不可能。(不可能ではないけれども、その後の代償が大きすぎます…)
と言う訳なので、盛りだくさん装備は何が何でも自力で帰って来ることを念頭に置いた装備なのです。
 
パンクに対しては、予備チューブ2個もちで、ポンプを信頼性とサイズを考慮してレザインのSサイズにしました。更に自分的には使い勝手や確実性で最強だと思っている ”TNI” のインフレーター+ボンベを持てばパンクからの復帰は早い筈です。
 
チェーントラブルには、チェーンツール付きでは重量と大きさのバランスが良い “シマノ プロ(PRO) ミニツール15ファンクション”を選択しました。このチェーンツールですが、さすがのシマノ、11速対応です。

f:id:honten695:20170513155646j:plain

実は 「パークツール(ParkTool) フォールディングチェーンツール 5~11speed用 CT-6.3」も持っていて、こちらの選択肢もあったのですが、手持ちの一番軽い工具と一緒にすると、15ファンクションよりも70gほど重くなるので今回は見合わせました。使い勝手は、CT-6.3の方が良いんですけどね。
 

f:id:honten695:20170513155655j:image

 
で、これを手持ちのツールケースに入れるわけですが、こんなに入るんかいなと思っていたんですが、意外に入りました(笑 

f:id:honten695:20170513155637j:image

ツールボックスは2年ほど前にAmazonで購入した「Wizard(ウィザード) WZ TC-1021G 防水ツールケース(カーボン柄)」です。現在は販売してないようですが、「ノグチ(NOGUCHI) ツールケース」や「R250(アールニーゴーマル) ツールケース スリムロングタイプ」あたりだと余裕で入りそうです。 
 
それにしても重量はヘヴィー級ですな…