ホンテンの言いたいこと

〜”なにか”に引きよせられながら生きてます〜

「守り人シリーズ」全部読んだった。そして17日ぶりの...

実走朝練。(´Д`)
ブログも11日ぶりなんですけどね。
 
とにかく子供達の予定に合わせていたら、まとまった時間が取れない。
家族の目を盗める時間は、一時間が限界。それでも、白い目で見られながらえっこえっこらローラーの日々なのですよ。
 
とは言っても、スキマ時間はあるわけでその間何をしているかというと、基本的には読書。
色々読んではいるのだけれど、ブログを書く時間を捻出するのを忘れたりするモノだから、紹介には至っていないなぁ。
 
ということで、1シリーズずつ紹介していた「守人」シリーズを面倒なので一挙紹介(笑
 

↑「蒼路の旅人」
第2の主人公「チャグム」の物語。登場人物それぞれの思惑がクロスオーバーしながらも、破綻することなく物語は佳境へと突入していく。
毎回書いているような気もするが、作者の文章は読みやすい。稚拙で簡単というわけではない。
情景描写や感情の表現が豊かなのだと思う。
とてもとてもオススメ。
 

 

↑「天と地の守り人 第1部 / 第2部 / 第3部」
第1部はロタ王国編。
ここから一気に終盤へと向かうわけだが、当たり前だが一筋縄ではいかない。
この作品で伏線が徐々に繋がり始める。
 
第2部はカンバル王国編。
主人公バルサとチャグムが共に旅をするのだが、また別のところで準主役級の人物の話も動き出す。
様々な設定が一つに繋がる作品。
 
第3部は新ヨゴ皇国編。
守り人シリーズの完結編。
最後まで様々な登場人物を通して、いろんな事を考えさせられる。
読み終えて、名残惜しいと思わせてくれる完結。
 
 

 

↑「流れ行く者」
守り人シリーズの主人公バルサの若かりし日々を描いた作品。
過酷な運命を背負わされたバルサだが、そこに連なる様々な登場人物を通して成長して行く。
「そうだよなぁ、人ってそれぞれの人生がクロスオーバーしてるんだよなぁ。」と当たり前のことだが、再認識してしまった(笑
 
 

↑「炎路を行く者」
「蒼路の旅人」で登場した、物語後半で重要な役割を果たした「ヒュ−ゴ」と後半は「バルサ」のティーンエイジの頃の物語。
これを読めば物語本編での「ヒューゴ」や「バルサ」の行動規範に納得がいき、人物像に厚みが出る。
またシリーズを読み返せば、違った感想が出てくるかもなぁ… いつになるか分からんが(笑
 

 
ということで、イッキ紹介でした。
ここからはトレーニング備忘録。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
7/13時点で、7月の月間距離410.50km。
次の連休はチーム連に参加したいところ。

大阪へ

7月、8月の子供達の予定が埋まり始めて、結局日曜日にフリーで動ける日がほとんどない。

今時の子供は忙しいんだなぁ…
 
ということで、受験前から合格したら美味い「ふぐ」を食べたいと言う娘と、動物園でコウモリを見たいという息子の希望を叶えるために大阪は天王寺へ。
 
なんだかんだで、昼前に到着して、まずは「ふぐ」。
あべのハルカスダイニングにある、春帆楼で子供は「ふぐ」。大人は「鱧」。
娘は「とらふぐの薄造り」を、みんなの分を奪い取って1人でウマいウマいと貪り食い、息子は茶碗蒸しを貪り食う(笑
 
まぁ、けっこうなお値段するけれど、ヘンな居酒屋で払うのと同じくらいの値段で、かなり美味しいモノが食べられる。そう言う意味では満足度高いな。
 

 
食事の後は、女子チームと男子チームに分かれて行動開始。
女子チームは近鉄でショッピング。男子チームはハルカスから、てんしばを通り天王寺動物園へ。
未就学児は無料なので、大人料金¥500を払って入園する。
 
 

 

 
昨日は蒸し暑く、見る方も見られる方も結構厳しいコンディションだったが、虎が飛んできたサギを狙うという面白ハプニングがあったり、カバのデカさに感心したりとなかなか楽しめた。
 
動物園で4時過ぎまで過ごし、女子チームと合流。「てんしば」でかき氷をたべたりして少し休憩してから帰路へ。
娘は美味いもん食って、カバンなんか色々買ってもらって上機嫌。息子は、動物園行ってかき氷食えたので上機嫌(笑
まぁ、こんな日もあって良いよな。
 
 

 

 

 

 
とうことで、昨日は自転車はお休みしたが、6/29、6/30と1000kmの為に追い込み。
6月の月間距離1032.32km。なんとか達成。
今日は暑さバテ気味だったが、とりあえず仕事終わりに無負荷でローラーを回す。
しかし、こんなんで良いのかという感じがしてきたが、決めたことはやっていこうかと…。

つばめ

一昨年は無残にも子育て中にカラス(たぶん)にやられ、昨年は全く寄りつく気配もなかった燕。
今年は、無事巣作りから子育て、巣立ちまで観察できた。
何だか嬉しいな。来年も戻って来いよ。
 
↓無残にもやられてしまった一昨年。なかなか厳しいよ。

 
↓今年の巣立ち前。3羽とも元気。親鳥よ、がんばったな。 

 
ちなみに、近くにある某信用金庫の軒先に、数年前までは毎年2〜3の巣があって、ピーピーと賑わってて良かったのに、今の支店長が来て巣が撤去されてしまった。
 
場所が良いのだろう燕も負けじと作るのだが、土台が出来る度に、早朝に脚立に乗ってデッキブラシで壁を擦る、支店長とその部下の後ろ姿がなぜかもの悲しい。
最近は、壁にツルツルするテープを貼って土台さえ作らなくさせている。
 
まぁ、いろんな事情、考えがあるんだろうけど、巣があったときには、小さい子を連れたお母さんなんかがよく見に来てたのだけどなぁ…
 
 

で、この4日間は早朝連で実走1回、ローラー3回。距離で156.12km稼いだ。
こう熱くてムシムシすると、自転車部屋は地獄と化すのだが、工業用扇風機とAMAZONプライム様のおかげで何とかこなせている。 
それと、最近気付いたのだが、ローラーで1時間、メーター読みで同じ距離を回しても3ヶ月前と比べると1時間の平均パワー、平均心拍が落ちている。
体感的な負荷はあまり変わらんのだが、平均パワーが落ちているのは…(´Д`)
ペダリングが良くなってきたと前向きに考えよう。
 

 

 

 

 
6月28日現在の月間距離959.15km

「神の守り人 上・下」読んだ。

 
最近忙しくて、ブログに書くようなことが何もない。
いろいろな雑感を書き殴るという手もあるが、問題がありそうな内容なので止めておく(笑
 
そんな感じなので、相も変わらず「神の守り人」読みました。
今回は主人公「バルサ」が活躍する物語。
物語にグイグイ引き込まれていって、イッキ読みしてしまった。
 
上橋 菜穂子さんが描く物語の緻密さに敬服である。
それに文章の丁寧さ、物語の中にさりげなく含まれる知恵や戒め、真理がとても良い。
 
 
さて、月間1000kmチャレンジだが、なかなかに時間が取れず難しい感じになってきた。
諸事情で金曜日は30分しか出来なかったので、土曜日は1.5時間かけて50kmやってみた。
負荷はあまり掛けていないが、常に脚に疲労が残っている。
今日は早く寝よう。
 

 

 

 

 

6月24日現在の月間距離803.03km

「虚空の旅人」読んだ。

昨日は車で配達仕事だったのだが、まぁ、よく降りましたわ。
いつも通る道が渋滞していて、何だか嫌な予感がしていると、こんな有様↓の道路を突っ切らなければいけないことになっちゃってましたよ。
まぁ、渋滞の列はトラックや営業車ばかりで、地元民が乗ってそうな軽なんかは、ここへ来るまでの信号でやけに右折してるなぁと思っていたんだけどね…
 
でこの後もどんどん深くなっていて、足下まで水が来るんではないかとちょっとビビりながらではあったけれど、無事通過。
 
こんな所を通った後で、ブレーキパッドが濡れていたからだろうけど、抜けてからの信号でブレーキの利きが甘くて、それにもビビる。ポンピングブレーキしてパッドを乾かしたが、要注意ですよ。
そんなによくある経験でも無いけど。

 
 
で、本題。
守り人シリーズの4弾目だったけかな、「虚空の旅人」読みました。
今回は準主人公のチャグムの物語なので、バルサファンには残念かもしれないが、物語のテイストは変わらないので楽しく読めた。

 
クライマックスに向けての伏線がしっかり仕込まれているが、だからといって、説明的にいろんな事が起こっているわけではなく、ご都合主義のみに走る展開ではない。
ある程度筋が通っていて、物語に破綻がないのは流石だなぁと思う。
 
 
ここからは、いつもの備忘録的な(笑
6/19は時間が無くて、負荷ゼロで少しズルを(笑
昨日は少し踏み気味で頑張ったのだが、まったくダメな感じ。
これは相当疲れが溜まってるなぁ…
 

 

 

 
6月21日現在の月間距離651.20km
 

fabric! ファブリック!! サドル沼からの脱出!!!

ここに、サドル沼からの帰還を宣言します!
fabricに栄光あれー!!!
 
↓fabric Scoop SHALLOW PRO(ファブリック スクープ シャロー プロ)

 
↓fabric Scoop RADIUS PRO(ファブリック スクープ ラディアス プロ)

ということで、この5月から「fabric(ファブリック) サドル スクープ シャロー プロ」を使っている。
まぁ、色々と使ってきたが今までで1番しっくりきていたのが、「フィジーク アリアンテ 旧型」。
その後、新型を試し、プロロゴを試し、アスチュートを試し、サンマルコを試し、そしてファブリック。
 
まぁ、ペダリングが動向と言うよも、自分の場合「脚の付け根の後ろの部位」に腫れ物が出来てしまうことが悩みの種で、気をつけていても出来てしまう。
出来てしまうと結構痛くて、そしてサドル沼。
 
が、ファブリックは今のところ全然その気配がなくて、素晴らしい!
旧アリアンテに似ている。シャローの場合、座るところが決まっている感じなのだが、前乗りしてもあまり気にならない。
これはもう2〜3個ストックしとくべきか。
 
ということで、シャローではなく、ラディアス買ってしまった。こちらの方がより旧アリアンテの乗り心地に近い。こちらの方が、座り位置がカッチリ決まっている感じで、パッドが多く結構しなるので、どっしり乗れる。
だが、前乗りに関してもそんなに違和感はない。
 
ラディアスは結構厚みあって一見重そうだが、実はシャローと重量はあまり変わらない。なぜ?(´Д`)
(腫れ物に関しては、実はもう一つビブショーツがあっていない説もあって、サドル云々ではないとの説もあるのだが…これに関しての考察は後日。)
 
 
 
さてさて、一昨日と昨日の午前中は1日風邪か疲れかわからないが、熱っぽくて身体がだるく、とにかく目をつむると寝ることが出来る感じで、どうしてもしなければならない仕事はこなしたが、一日半ダウン。
 
午後からはスッキリしてきて、汗をかいたら回復すると自分に言い聞かせて、家族からの白い目をよそにとりあえずローラー。負荷はゼロでゆっくり回す。
 

 

 
んで、今朝はチーム連に行こうかと思っていたのだけれど、早めに帰還命令が出たのと体調を考慮して、自主練。いつもの朝練コースではなく、朝練の新コース開拓も兼ねてゆっくりで。
これでまた体調崩したら、いろんな意味でやばいからねぇ…
 
6月17日現在の月間距離534.62km

「夢の守り人」読んだ。 そして体調悪い...

 
最近のエントリーは「読んだ」シリーズばかりなのだけど、実際読んだのは1〜2週間前のことなのです。
読んですぐにブログに上げてしまうと、読んだ後の余韻に飲まれて、気持ちが高ぶってしまう正確なので、冷静さを欠いてしまう。そう言う懸念からなのですよ。
と、まぁチョット質問されたので、そう言うことです。
 
ところで、この「夢の守り人」は前2作よりもファンタジー要素が多い。
意図するところを全て語らず、説明的し過ぎないように、それでいて物語に必要な背景はきちんと描く。物語として成立しているし、考えさせられることも追い。児童文学に分類するには惜しいよなぁ。
 
 
で、この4日間は体調が悪い。
水曜日はなんとかこなしたが、木曜日には喉の痛みが酷くて、金曜日にはついにダウンして1日寝こんでしまうことに…
そんなで、ローラーは負荷なしでクルクルなので距離はちょっと不正か(笑
 
微熱があったり無かったりで、身体がだるくて仕方が無い。
家族には、ローラー乗りすぎ、本読みすぎで疲れが溜まったんだと非難されたけど、仕事もしてますよ。たぶん…
 
6/12

 
6/13

 
6/14

 
6月に入って 総距離453.89km。1000kmは難しいかなぁ…