ホンテンの言いたいこと

自転車 と 読書 がメイン、あとは雑記の備忘録的ブログです

Raphaスーパークロス野辺山2019

昨年のことで恐縮ですが、「Raphaスーパークロス野辺山」に思い切って行ってきました。
4年連続出場のキャプテンの至れり尽くせりのアテンドで前日入りです。キャプテンには大感謝です。
 
 f:id:honten695:20200123134440j:plain

会場の滝沢牧場はCX界隈でいうところの"おしゃれ空間"になっておりまして、否が応でもテンションが上がってしまいますねぇ。
まぁ、前日のレース状況を考えると、テンションダダ下がりですが…
 
  

さて、レース当日は雨は止み、気温も例年になく暖かということで(南国育ちにはそれでも寒いですけど)、とりあえずエントリーと、売り切れてはいけないので頼まれていたお土産をゲットします。
 
その後、試走です。
いや、これがまたエライことになってまして、何がって、野辺山CX名物の泥ですよ。経験が浅いもので、泥をなめていた私ですが、試走で軽くやらかしてしましました。
 

f:id:honten695:20200123134529j:plain

1周目の試走ではチェーンを落とし、2周目でリアディレイラーのプーリーゲージが、ホイールのスポークに巻き込むという...そんなん見たことないわっ!
 
 それでも、なんとか復帰しましたが、やっぱりディレイラーの調子がおかしい。
で、ここからが凄くて、キャプテンの悪魔的コネクションを使って、キャノンデールブースにいた山本和弘さんに見てもらうという、なんかありえん展開。
(お忙しいところ、すみませんでした
 
見てもらった時には、特に何ということはないっていう感じだったんだけど、車に帰る途中、リアがローに入らなくなってしもうた。
 
もうここはSRAMのブースへ行くしかないということで、飛び込んでみました。
まぁ、そこから小一時間。
ブースにいらっしゃったメカニックの方が、ディレーラーの歪みやなんやら色々調整していただいたのですが、全く治らず。おまけに、Bテンションボルトがひん曲がっていて、「なだかもう」状態
 
 で、ですよ、そこに神が降臨です。
なんか中国語を話すSRAMのエライさんらしき方と、若い男前メカニックが登場。
エライさんがスマホで問題のディレイラーの写真を撮りつつ、メカニックにゴニョゴニョ指示を出したかと思うと、男前メカニックがSRAMジャパンのメカニックさんと交代。
 
なんと、あっという間に治してしもた(笑
 
まぁ、彼が言うには「ハンガーとかプーリゲージとかの問題違うで、ディレイラー自体が曲がってしもうとる。これは買い替えてもらわなあかんけど、今日のレースはこれでなんとかなるはずや!」(英語でしたので、自分が分かる範囲&想像です。)
 
あぁ、あんたホンマに男前や。顔もそうやけど、技術も笑顔も男前すぎる。
(帰宅後すぐに購入しましたよ!)
 

 
 ということで、なんとかレースに間に合いまして、
 

 

f:id:honten695:20200123140252j:plain

 

f:id:honten695:20200123135815j:plain

写真のような泥区間で、ある時はふらふらと乗車で、ある時は担いで全力疾走しながら。

 

 はたまた、フライオーバーの下りで勢いつけすぎて、コースアウトしながら。
 

はたまた、後輪をズリズリ滑らせながら、悪戦苦闘はしましたが、なんとか今シーズン3戦目にしてAJJOCポイント獲得しました。2ポイントですけど…(ちなみにレース中の写真はすべてキャプテンです。)
 
それでも、本当にこれぞシクロクロスというコースで、ものすごく楽しかった。
そして、すこしですが、ここで何かを掴んだ気もしました。
 
 

レース後はお楽しみの、トップカテゴリーのUCIレースを観戦しながらの食事&Beer!!
これは病みつきになりますねぇ。来年も是非行きたい。
 
 

翌日の帰路は、これもキャプテンのアテンドで、サントリーの白州工場を見学して、リゾートアウトレット八ヶ岳に寄って帰ってきました。
オッサン3人の修学旅行。いやぁ、マジで楽しかったです。

惨敗に思う

どうも。
前回のエントリーが2019/03/16ですので、うっかり10ヶ月放置しておりました。
その間に年号までも変わってしまったわけですが、皆さん如何お過ごしでしょうか。
 
年号は変わったとて日々淡々と過ごしている私ですが、物事に対する向かい方というか、心の持ちようというか(同じような事ですが)、その辺りに少々変化がありました。
 
切っ掛けは、昨年10月に関西シクロクロスの開幕戦  「DECOJA 紀の川」に参加して惨敗したことからです。
ホントに惨敗でして、直線もコーナーもテクニカルな所も全て惨敗でした。もう全く。
途中で棄権しようかと何回か本気で思いました。それくらい走れなかった...
 
昨シーズンは昇格は経験しましたが、CM2で2戦走ったところシーズン終了。
その時点で結構手応えはあったので、シーズン開幕を前に結構余裕をかましてました。
しかし、今シーズン蓋を開けてみると、その手応えは幻想でしかなかった...
 
原因は理解しています。
「最強ホビーレーサーが練習の中身を公開してどうのこうの…」というトレーニング本の中身を、精査もせずに真に受けて、楽なところだけ切り取って実践してしまっていた…
 
要するに、夏の間しんどいことから逃げまわって、楽なトレーニングばかりしてきたツケ。いや、しんどくないトレーニングなんて無いので、トレーニングをしなかったツケが回ってきたキリギリス野郎になってしまっていた訳です。
 
ということで、このままでは息子に「宿題から逃げんな!」(笑) を言えなくなるので、すぐにいままでのトレーニングを見直して、強度を上げてのトレーニングを開始しました。
12月からは若者との早朝練も開始しました。(若者にどこまで付いていけるかという練習ですが)
そのおかげで、ロードレースで完走したくて、結構真剣にトレーニングした頃に出せていたパワーに、また近付きつつあります。

 
 
今までの生きてきた中で、大失敗や惨敗は本当に数知れずありましたが、ここまで悔しい思いをしたことはあまりなかったように思います。
いや、悔しいというのは違うのかな。
 
悔しいというのは、真剣にやってきて負けたときの感情で、今回は「恥ずかしい思い」でしょうかね。
頑張ってきた他の参加者に対して、怠けてきたのに余裕かまして戦えると思っていた自分に恥ずかしかったんですねぇ。きっと。
でも、この惨敗で得た教訓は、自転車だけではなくて、仕事やいろいろな考え方にも影響があるように思います。
 
 

 
シクロクロス参加者の中では、パワーもテクニックもまだまだヒヨッコですけど、キャプテンに連れていってもらった野辺山CXあたりから、何かを掴みかけてます。(リザルトは散々でしたが...)
本当に少しずつですが何かを掴みかけている感じです。
今はちょっと次のレースでどこまで行けるか、楽しみではあります。

読んで良かったと思った本

3年ぶりに健康診断(生活習慣病予防検診)に行ってきました。
胃の検査はバリウムではなく、麻酔をかけてもらっての胃カメラを選択。
麻酔の関係で1日車の運転や機会の操作はできないので、少し不便だけど、胃カメラの方が医師の目で確認しながらの検査なので、より確実な検査が出来ると言うことで。
 

 
病院には8:30に来て下さいとのことなので、10分前に行ってみましたが、8人ほどがもう来ていて、受付前に並べられた椅子に、到着順に座ってました。
以前は、受付に行くとすぐに説明があって、検査スタートだったのですが、8:30のチャイムとともに、受付に職員がやってきて、一斉に説明スタート。
外来受付なんかもそんな感じなので、これも働き方改革なんですかね?
 
検査は、自分の場合「心電図→聴力検査→視力検査→検尿→採血→問診→胸部レントゲン→胃カメラ」の順で行われ、午前中に終わってしまうし、待ち時間に本を読んでいたら、あっという間で、まぁ、何てことはないです。
健康診断は面倒だし、嫌いって言う人の事をよく聞きますけどね...
 
会社員とはいえ、自営業みたいなものなので、自分の意思で行かなくてはいけないのとの違いですかね?
まぁ、誰でも行っておくことに間違いはなさそうですけど。
結果は、3週間後らしいです。何事もなければ良いのですけどね。
 
 

 
検診の待ち時間にも読んでいた本です。
「私とは何か」平野啓一郎
 
著者の小説は読んだことがないのですが、何かで紹介されていて勢いで購入してはみたものの、積読していた本です。
読んでみて、久しぶりにこの手の本では「読んで良かったなぁ」と思える内容でした。
 
自分も若い頃、筆者と近しい感覚があって、「本当の自分とはなんぞや」なんて考えたこともあるのだけれど、ここ数年というか、特に子供が出来てPTAの活動なんかに参加しはじめて、何となく自分なりの答えが出てきていたことに、見事に答えてくれてました。
 
人にはいろんな面があるですよと。
切り取った、あるいは切り取られた面を、自分の全部だと思うのは間違っているんだよと。
そして、それをは他者もそうなのだよと。
 
いろんな違和感が「腑に落ちた」感じ。
 
内容を絶対視することはないけれど、自分なりに咀嚼すれば、とても有用な内容だなぁ思います。
 
例を挙げての説明や、著者の体験なども織り交ぜて、内容も小難しいものではないし、文章がとても読みやすい。
著者の小説も1度読んでみようと思わせる一冊ですねぇ。
 
 
ここからは、トレーニング禄。
 

3/10
心拍計を付け忘れ… 1時間回すダイエット的な感じでなので、問題ないけど。
 
 

3/12
FTPゾーンでビルドアップ20分走。
先日よりも、気持ち上げ気味で行きまして、238W/20分。
キツイですけど、意外に余力もあったりして、もうちょい上げ気味でいけそうです。
もうチョイで目標の体重4倍や!
 
 

3/13
この日は、レストにしようかと思ったのだけど、息子の卒園式や謝恩会の準備やらで、今月はサボり気味なので、心拍を上げないようにしてダイエット走。
 
 

3/15
いろいろ、仕事やプライベートが忙しくてテンパってきてはいるけれど、時間を作ってFTPゾーンビルドアップ20分走。242W/20分。
12日よりもさらに若干上げ気味(と言っても4W程ですけどね)ではありましたが、もうチョイいけそうな予感。
3/7に同じパワーで死にかかったことを考えると、強度になれてきているのですかね。
そうだと良いですけど。

「伝染るんです」はやっぱり面白かった!

大学生時代に読んでいたスピリッツに連載していた、「伝染るんです」文庫版の中古を、昨年の6月くらいに何となくAmazonで購入してたのですが、コレも何となく放置してたのを、やっと読みました(;´Д`)
嫁さんと娘は読んでしまっていたようですが...
 
当時はこの世界観が好きで、結構楽しみに読んでいたので、”この年になったらどうなのかな”と言う、まぁ、何となく購入したというよりりも実験的な購入かも。価格も安かったし。
 
でまぁ、読んでみるとやっぱり面白い(笑
それぞれのキャラが立っていて、かわうそも斎藤さんも、ミッチーも椎茸も20年経っても全部覚えてしまってる(笑
吉田戦車 天才やな!と。
 
何が面白いかと言うのをピンポイントで表現するのは難しいけれど、頭の片隅にいつも引っ掛かってる何かに触れる感じなのかなぁ…
 

 

 
 
3/7〜3/9のトレーニング備忘録。

 
この日は週3目標の、20分エスカレーションFTP走。前回は少しばかり余裕があったので、ターゲットを10W上げてみたら、何とか完遂できたけれど、キツイ…
結局最後は上げきれずに終わったので、ターゲットパワーを考え直さなくてはいけないかも。
続かなければ、意味ないもんね。
 
 

 
この日は、とりあえず乗る感じ。耐久走ペースで、心拍を130以上にしないように気を付けて1時間。
 

で、昨日は再び20分エスカレーションFTP走。
3/7 は240Wと高めに設定してかなりキツかったので、スタートを4W下げて見ることにした。
たかが4Wだけれど、この4Wが結構デカい。キツいけれど何とか続けられそうなので、このターゲットで様子見やな。

たまごごはん

昨日の晩ご飯のメインは、息子がつくった「たまごごはん」でした。
私のために特別に作ってくれたらしい。↓

 
レシピは、息子お気に入りの「おりょうりブック」。
寝るときに本の読んでやるのですが、その中にヘビーローテションでぶっ込んできます。
上と違い、食べ物に関心のある子は違います。
 

 
 
で、この「おりょうりブック」。
さすがの平野レミ先生でありまして、なかなかの内容です。包丁もはさみも使わずに、お料理が出来てしまいます。
例の「たまごごはん」のレシピは、ヘビロテで読み過ぎて少し破れたので、セロハンテープでお直ししてます(笑

 
すばらしい!
ウチの息子、本のような割り方ではなく、上手に一撃でタマゴを割ることが出来るようになりました。タマゴを割ることにかけては、中学生の娘より上手いです(笑
 
 
ここからは、トレーニング備忘録。
3/4は色々ありまして、レストではなくローラーできず。
昨日はL2で1時間回すかんじでしたが、3/3、3/5はいつもの20分エスカレーションFTP走。
FTP走は途中で止めたくなるくらいシンドイのですが、スッカラカンになるというわけでもないので、今日から目標パワーを10W上げてみようかと。
さて完遂できるのでしょうかね...
 

 

 

 

CX練習用シケイン制作

仕事は忙しいのです。いや、本当に。
いやいや、卒園式祝辞やその後の謝恩会の準備とか、いろいろやることはあるんですよ。でもね、やっぱり自転車関係も気になるんですよ。
 
ということで、仕事がちょっと空いたので、かなり前に購入済みの塩ビパイプでシクロクロス練習用のシケインを制作です。
今までは、工事現場なんかで使うパイロンに、伸縮するバーを引っかけて使っていたのですが、嵩張る・重いで、車でないと持ち運びできなかったのですよ。
 
 
シケイン2個分の材料は、
長さ1mの塩ビパイプを4本、TSソケット2個、TSチーズ4個、TSエルボ4個、TSキャップ8個。(各パーツは下に画像あります。)
私は、呼び径16(内径16㎜)のものを使いました。約2千円ほどですかね。
ホームセンターかモノタローあたりで、容易に入手できます。

www.monotaro.com

 
カットに使うのはオルファの「のこ刃」。これ、1つ持っとくと色々便利です。
あと、切り口をある程度綺麗にしておきたいので、サンドペーパーもあった方が良いと思います。
 

 

 

 
 
まずは、脚部分を切ります。
完成時の高さを400㎜にしたいので、チーズとエルボの高さを勘案して、1mの塩ビパイプから325㎜を2本切り出します。
残った350㎜は135㎜を2本と40㎜を2本に切り分けます。135㎜は接地部分の支え、40㎜はTSチーズの末端処理に使います。(40㎜とは言え、若干の支え効果にはなります。)
 
次に、バーになる1mのパイプを半分(500㎜)に切ります。
これは、少しでも長さを短くして持ち運びを便利にするためなので、特に必要のない場合はいらない作業です。そうすれば、継ぎ手(TSソケット)もいらないですしね。
 
コレにて1個分の作業終了です。
高さ約40㎝、幅約1mのシケイン1個分に必要な部品はこんな感じ↓
 

 
組み立てるとこんな感じ↓

 
強度も十分ありそうです。なんせ、引っかけて壊しても脚にもお財布にも痛くなさそう(笑
目立つように、バー部分を塗装するか、ビニールテープを貼っても良いかも。
 
で、このシケイン2個分を、パーツ状態でシマノ鈴鹿で貰ったビニール袋に入れてもこんな感じ↓ これならバックパックに入れて背負っていけば、公園で練習できそうだな、うん。

 
 
ということで、制作に満足した後は、ローラー練。
 

 
脚は若干重いけれど、回し始めたら行けそうだったので、10分UP後、決めていたメニュー20分FTP走をビルドアップで。
2分ごとに2W上がった目標値がサイコンに表示されるのですが、それよりも2W程高めに踏んでみました。かなりハァハァ…
 
ホントに仕事は忙しいんですよ(笑

この弁当、画期的

さて、↓コレは何でしょう。
 

 
 
答えは、先日出張時に嫁さんが持たせてくれた「カレー弁当」(笑
なかなか画期的!
 
娘が期末テスト中なので弁当がいらないため、熱々にしたレトルトカレーをスープジャーに入れて、ご飯とらっきょうと酢キャベツ。
 
これ、意外に美味い。私、カレー好きだし(笑
 

 
 
 
この4日間のトレーニング。
 
26日は仕事でトレーニングできず。
25日と本日はL2で1時間走。花粉症と仕事で疲労が溜まっているが、続けることが肝心だということで。
 
27日は20分FTP走をビルドアップで1回。2分ごとに2Wずつ上げていく。
2回したいところだが、時間の制約と疲労を考慮して1回で。これも最低週2回、出来れば3回を継続したいところ。