ホンテン日記

趣味の雑記ブログです

アレルギー

ここ数日、何かにアレルギー反応が出ているらしく、頭がボーッとします。
熱っぽい感じはしますが、熱を測っても平熱です。
鼻もつまり気味です。
 
嫁さんも息子も同じ症状で、息子に至っては鼻血出しまくりです。
息子は耳鼻科に行って薬を処方してもらったので、鼻詰まりと鼻血は治まっていますが、声がかれていて可愛そうな感じです。
 
しかし、こうなると、何もやる気が出ませんねぇ。
自転車も乗る気がしません。
娘に相談してみましたが、「そんなん、どうしようもないな。治るまで待て。」と一蹴されました。
 
ということで、1人でローラーやっても全くかかる気がしませんので、友だちを誘って朝練してきました。40km程ですが、外を走るほうが気持ち良いし、出力も出てます。
ボチボチでも、外を走るほうが良さそうです。
 
今日の1枚
 

f:id:honten695:20201025104735j:plain

FE 35mm F1.8

「少年と犬」 を読みました

「少年と犬」 馳 星周 (著)を読みました。
 
 
娘が学校の図書館で借りてきたので、娘が読み終わるのを待って読みました。
読み終えてすぐに娘に渡したので、写真撮り忘れました。
 
書店の平棚に置いていたときに買おうかと迷った事もあったのですが、ぱらっと目次を見て第一印象で買わなかったのですが、読んでみて、「買っていたとしても後悔はなかっただろうけれど、借りて読んでも特に問題ないかな」の感じです(笑
 
犬好きとしてはとても面白かったです。
犬に限らず、動物の不思議なところは説明しにくい。
 
昔うちで飼っていた猫は、姉の結婚式から帰ってきた母が、玄関に迎えに行った猫に「もうお姉ちゃん帰ってこんで〜。」と言ったその夜に家出しましたから。
3日後くらいにそれを聞いて帰ってきた姉と裏山へ探しに言ったら、次の日の朝に帰ってきました。
なんか、雰囲気というか空気を読むんですかね。
 
動物にはそういう不思議さがあるので、この物語にも共感することろはあります。
でも、もう一度読みたいかと言うと…
感動はしますが、心が震えると言うか、”あっ”と思わせる部分がないというか、なんか普通です。
そういう小説です。
読んでも損はないです。面白いです。
でも、そういう小説です。
 
 
今日の1枚

f:id:honten695:20201022174756j:plain

iPhone8

「還暦からの底力―歴史・人・旅に学ぶ生き方」を読みました

 

「還暦からの底力―歴史・人・旅に学ぶ生き方」 出口 治明 (著)を読みました。

f:id:honten695:20201016174809j:plain

 
実は嫁さんが買った本を読むシリーズが続いているんですが、この本が一番面白かった。
書かれていることは至極真っ当、なるほどなと思います。
タイトルが還暦からの〜 ですが、大学生や若い人が読むと良いと思います。
 
まぁ、極端な例も多いので、実践するのは勇気がいりますが、考え方だけでも頭の片隅に置いておけば役に立ちそうです。
とにかく「エピソードよりもエビデンス」が大切。
当たり前でよく使われる言葉ではありますが、この本で再認識しました。
ただ、そういう考えの人が増えると困りそうな方が、偉い人界隈で散見されますけが...
 
 今日の1枚

f:id:honten695:20201016174556j:plain

FE 35mm F1.8

「なんのために学ぶのか」を読みました

 「なんのために学ぶのか」 池上彰 (著)を読みました。

 

 
先日からひたすらラノベを読んでいたので、久しぶりに教育本?を読みました。
まず、題名と内容が余りリンクしていないと言うか、「教養は大事だよね。勉強だけが学ぶということではないよね。」という内容ですかね。
 
「池上さんて、本当に見たまんまとても真面目な人なんだなぁ」と思わせるような内容で、文体からそれはにじみ出て来ています。
 
書いてあることは至極まともで、「その通りだよなぁ」と思うのですが、あまりぐっと心に問いかけられるような気はしません。
 
表紙から「君たちはどう生きるのか」臭がプンプンしますし (ちなみに「君たちはどう生きるか」はとても面白いです。)、実際この本の中でも紹介されています。
 

主に大学生(1回生?)に向けているのにしては、ちょっと消化不良...じゃないな、スナック感覚で軽すぎ?
「君たちはどう生きるか」と同じ年代向け、中高生高校生が読めば面白いかもね。
 
 
今日の1枚
 

f:id:honten695:20201012195725j:plain

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

MAC OS の不具合?

先日、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)  macOS Cataline バージョン10.15.7(19H2) を起動して、いつものように「Google Chrome」「メール」を立ち上げたら、急に半端なく冷却ファンが回り始めました。
ちょっと焦るぐらい...
 
すぐにアクティビティーモニターで何が動いているのか調べてみると、「accountsd」なるものが200%近くCPUを使い続けていました。
APPLEの公式サイトで調べてみると、「Accounts」は、
「ユーザーがログイン認証情報を入力しなくても、アプリ内から外部アカウントにアクセスして管理できるようにします。」
とのことで、「要するに、一回設定した外部アカウントへのリンクを勝手にやってくれるプログラムなんですね。」と自分は勝手に認識しました。
 
が、今回の事象の対処法がわからん。
それで、まぁ、いつものごとくGoogle先生にお尋ねしたことろ、事例が多々あり皆さん困ってらっしゃるようでした。どうもAPPLEは不具合としては認めていないようですが...
 
今回参考にさせてもらったのは、コチラ↓
 
とても助かります。とっても。
 
自分に場合、"(3)iCloudをサインアウトした上でMac本体を再起動"で治りました。
全部試さなくてよかったのでありがたいですけど、10.15.6でも同じ症状があるみたいなので、やはりAPPLE的にはあまり重要視されていないのですね...
ファンはブンブンウォンウォン回るわ、本体は熱くなるはで、結構パニックなるんですけど。
 
今日の1枚
 

f:id:honten695:20201009201813j:plain

FE 35mm F1.8

台風14号はかなり沖を通りそうで良かったです。

風は強いですけど。

「ネイリン 100mgカプセル」の服用終了

12週間飲み続けた、ネイリンの服用がやっと終わりました。

 

www.honten3.com

 

ルリコンクリームも併用していたので、服用開始後すぐに見た目は何も問題ない感じになっていましたが(もともと幹部が赤くなる程度で、そんなに違和感はなかったのですけど。)、
見た目もそうですが、かすかな痒みも痛みもなく何も問題なくなりました。
 
これでとりあえずは半年〜1年ほどの経過観察を経て、白癬菌が見つからなければ完治とみたいです。
 
服用中は副作用で下半身に倦怠感を感じていたので、それがなくなるのは嬉しいです。
たかが倦怠感ですけど、それがいろんな”やる気の無さ”に直結している様な気がします。
 
こんな軽めの副作用ですら、日常生活に微妙に影響するのですから、健康な状態というのはありがたいことなんですねぇ。
 
 
今日の1枚

f:id:honten695:20201006173112j:plain

FE 35mm F1.8

秋の夕暮れは、青からオレンジへのグラデーションが微妙で綺麗です。

くるくるトリップトレーニング

今シーズンはすべてのレースに不参加なので、モチベーションたっぷりでトレーニングしている訳ではないのですが、体型と健康維持をモチベーションにそれなりに頑張っています。
 

 
仕事や家庭の事情で毎日は難しいので、各日でAMAZONプライムでアニメを見ながら一時間淡々とローラーを回しています。
 
今の時期暗くなるのも早いので、部屋の電灯を点けずにiPadの明かりだけで淡々とクランクを回していると、軽くトリップできるのでオススメです(笑
 
 
今日の1枚
 

f:id:honten695:20201001191728j:plain

FE 35mm F1.8

中秋の名月が雲に...