ホンテン日記

趣味の雑記ブログです

Raphaスーパークロス野辺山2019

昨年のことで恐縮ですが、「Raphaスーパークロス野辺山」に思い切って行ってきました。
4年連続出場のキャプテンの至れり尽くせりのアテンドで前日入りです。キャプテンには大感謝です。
 
 f:id:honten695:20200123134440j:plain

会場の滝沢牧場はCX界隈でいうところの"おしゃれ空間"になっておりまして、否が応でもテンションが上がってしまいますねぇ。
まぁ、前日のレース状況を考えると、テンションダダ下がりですが…
 
  

さて、レース当日は雨は止み、気温も例年になく暖かということで(南国育ちにはそれでも寒いですけど)、とりあえずエントリーと、売り切れてはいけないので頼まれていたお土産をゲットします。
 
その後、試走です。
いや、これがまたエライことになってまして、何がって、野辺山CX名物の泥ですよ。経験が浅いもので、泥をなめていた私ですが、試走で軽くやらかしてしましました。
 

f:id:honten695:20200123134529j:plain

1周目の試走ではチェーンを落とし、2周目でリアディレイラーのプーリーゲージが、ホイールのスポークに巻き込むという...そんなん見たことないわっ!
 
 それでも、なんとか復帰しましたが、やっぱりディレイラーの調子がおかしい。
で、ここからが凄くて、キャプテンの悪魔的コネクションを使って、キャノンデールブースにいた山本和弘さんに見てもらうという、なんかありえん展開。
(お忙しいところ、すみませんでした
 
見てもらった時には、特に何ということはないっていう感じだったんだけど、車に帰る途中、リアがローに入らなくなってしもうた。
 
もうここはSRAMのブースへ行くしかないということで、飛び込んでみました。
まぁ、そこから小一時間。
ブースにいらっしゃったメカニックの方が、ディレーラーの歪みやなんやら色々調整していただいたのですが、全く治らず。おまけに、Bテンションボルトがひん曲がっていて、「なだかもう」状態
 
 で、ですよ、そこに神が降臨です。
なんか中国語を話すSRAMのエライさんらしき方と、若い男前メカニックが登場。
エライさんがスマホで問題のディレイラーの写真を撮りつつ、メカニックにゴニョゴニョ指示を出したかと思うと、男前メカニックがSRAMジャパンのメカニックさんと交代。
 
なんと、あっという間に治してしもた(笑
 
まぁ、彼が言うには「ハンガーとかプーリゲージとかの問題違うで、ディレイラー自体が曲がってしもうとる。これは買い替えてもらわなあかんけど、今日のレースはこれでなんとかなるはずや!」(英語でしたので、自分が分かる範囲&想像です。)
 
あぁ、あんたホンマに男前や。顔もそうやけど、技術も笑顔も男前すぎる。
(帰宅後すぐに購入しましたよ!)
 

 
 ということで、なんとかレースに間に合いまして、
 

 

f:id:honten695:20200123140252j:plain

 

f:id:honten695:20200123135815j:plain

写真のような泥区間で、ある時はふらふらと乗車で、ある時は担いで全力疾走しながら。

 

 はたまた、フライオーバーの下りで勢いつけすぎて、コースアウトしながら。
 

はたまた、後輪をズリズリ滑らせながら、悪戦苦闘はしましたが、なんとか今シーズン3戦目にしてAJJOCポイント獲得しました。2ポイントですけど…(ちなみにレース中の写真はすべてキャプテンです。)
 
それでも、本当にこれぞシクロクロスというコースで、ものすごく楽しかった。
そして、すこしですが、ここで何かを掴んだ気もしました。
 
 

レース後はお楽しみの、トップカテゴリーのUCIレースを観戦しながらの食事&Beer!!
これは病みつきになりますねぇ。来年も是非行きたい。
 
 

翌日の帰路は、これもキャプテンのアテンドで、サントリーの白州工場を見学して、リゾートアウトレット八ヶ岳に寄って帰ってきました。
オッサン3人の修学旅行。いやぁ、マジで楽しかったです。