ホンテン日記

趣味の雑記ブログです

「ネイリン 100mgカプセル」を服用しています

今朝は休日恒例の早朝練習でした。
が、途中の短い上りをなかなかの強度で登り終えた後、急に足に力が入らなくなりまして、ホワイトさんとウエストさんにはご迷惑をおかけしました。集合場所では100km以上走る気満々でしたけどね、すいません。
  

 
湿度が高く蒸し暑さのせいか、それとも朝ごはんがカロリーメイトのみだったせいか…いや、そんなのはいつもの事なのです。
 
そうなると根本的には「トレーニング不足」及び「能力の問題」(自分で書いて凹むわ) なのだけれども…ふふふ、私には1つ言い訳があるのです。
 
それは、そう、タイトルに有る「ネイリン 100mgカプセル」なのです。
エラそうに書く意味はないですが。
 
私、ここ5年位、毎夏になると左小指付近の皮がめくれ始め、白癬菌(水虫)が発生します。
そのたびに皮膚科に行って、ルリコンクリームという抗真菌剤を処方してもらっていました。
 

www.qlife.jp

これがよく効く薬で、風呂上がりに足首から下にまんべんなく塗れば、約2週間程で、つるつるキレイな足に戻ります。

 
白癬菌よサヨウナラ。
一時的に。
 
 
てなわけですが、この一連の動きが3年も続きました。
で、4年目は右小指の爪が変な感じになりまして、爪水虫と診断されました。
その時は爪水虫用の塗り薬「クレナフィン爪外用液10%」を処方してもらいました。
 
これは1ヶ月ほど根気よく塗り続けました。
そうすると、新しい爪が生えてきたら、つるつるのキレイな爪に戻りました。
 
爪白癬よサヨウナラ。
一時的に。
 
 
という経過をたどったのですが、昨年の4年目も今年の5年目も、左小指付近がこんにちは白癬菌なのです。
特に今年はコロナ禍で、温泉や銭湯など白癬菌をもらってくるようなところにはでかけてないですしねぇ。
 
ということで、今年は「そこんとこ、よろしく」と皮膚科の先生に相談してみると、「そりゃ爪に水虫が残ってるんではないですか?」と。
 
そうなの? そうなの?
「クレナフィン爪外用液10%」で綺麗サッパリだったはずじゃないの?
 
とは思いましたが、調べていただくとありましたよ。ちゃーんと。左の小指の爪に。
えーーー、左なぁ〜〜〜ん…
 
 
そういうことで、今回は塗りではなく内服で退治です。
そこで、「ネイリン 100mgカプセル」の出番です。
12週間の連続服用が必要らしいです。
 
これね、結構きつい薬らしくて、各種副作用が報告されています。
なかでも、腎機能の低下が結構な確率であるらしく、とりあえず1週間分処方されると同時に、血液検査用に採血もされました。
肝機能を調べるとのことで、結果如何では服用中止もあるとのことでした。(1週間後に再来院したら、肝機能に問題なしということで、2週間分処方してもらいました。)
 
1回目に処方してもらった時もそうでしたが、2回目の時も知り合いの薬剤師さんに「体がだる〜くなる場合があるので、あまり酷かったら先生に相談して。」と言われました。
 
服用し始めてから、体がだるくなる言う症状が顕著に現れている訳ではないのですが、下半身に思ったように力が入らない時があります。
疲れていたりしたら、そうなる確率は高い気がします。
 
 
そう、これが最大にして最高。とても説得力のある自分に対する言い訳です。
 
実際、ネイリンは関係なく、猛暑の中を自転車で走り回ったり、30度以上の部屋でローラー回したりするのは、精神的にアレな感じにならない程度に、適度に控えたほうが良いのかもしれませんが。
(ネイリンの効果については、後々報告致します。)
 
 
今日の1枚

f:id:honten695:20200809195749j:plain

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

 

夕方は、お墓の掃除に行ってきました。風が吹いてて、思ったより暑くなかったです。